子どもを取り巻く問題に『いじめ』、『登校拒否』、『少年犯罪』、『虐待』など多くのものがあります。
このような問題を正面より捉えて大人の教育をより解りやすく実施いたします。

講演内容として「親のあり方」 「本当の意味のしつけとは」 「大人と子どもの心の学習」 「大人としての最低限必要とするマナー」 「地域と学校そして家庭との連携の取り方」 「大人がしなければならない取り組み」等を1〜3時間で実施致します。

各分野のエキスパートの方々や大学の教授の方々の講演はすばらしいものだと思いますが、身近な事柄をより解りやすく、実践がすぐにでも出来ることを講演させていただくことが、参加される方々にとって多くのヒントを得てご家庭であるいは地域で実行していただけるのではないかと思います。

特に子どものうちに心に残った傷は大人になっても消えるものではありません。むしろエスカレートをしてしまうということも少なくありません。
悩み事や苦しみ事は一人で悩んでいても解決することはありません。一人でも多くの方々と力を合わせて本気で取り組むことが今、最も大切なことではないでしょうか。


開催日時や場所、費用など詳細はご相談いただければと思います。


講演者紹介 奥内 博之(おくうち ひろゆき)
          昭和34年生まれ。昭和58年大学法学部卒業。
          (有)オーエヌ総合教育センター代表取締役
          児童心理カウンセラー

        【経歴】
          ・平成2年 (有)オーエヌ総合教育センター設立。
          ・パソコン、ワープロ教育をはじめ各種ビジネス系専門教育の指導。
          ・社会人教育(社員教育・女性マナー教育他)の指導講師。
          ・学習塾で小学校2年生〜高校3年生までの指導講師。
          ・平成3年よりアドラー、シュタイナー心理学を学習。
          ・同年少年少女心理相談コーナー設置、担当員。
          ・平成4年より小学生のサッカークラブ発足により指導員・監督。
          ・日本サッカー協会広島県支部委員、審判委員、日本スポーツ少年団認定指導員。
          ・平成5年より「いじめ・不登校」「少年犯罪」他の講演会講師活動開始。
          ・平成5年より広島少年院非常勤講師。


講演のご依頼は・・・

お問い合わせメールにてご連絡下さい。
対象者は子どもを持つ保護者の方々、地域の方、学校関係者、など特に限定はありません。
県内、県外問わず出向きます。



 
ホーム